「東洋の魔窟」
津山商店街検記

10年ほど前まで、香港には津山商店街と呼ばれる
日本人商店街の一角がありました。

かつてここには、香港の法律は適用されず香港の警察官も立ち入ることができなかったため
文字通りの「無法地帯」となり、売春や麻薬、博打などあらゆる裏産業がはびこり
「あらゆる犯罪の巣窟」
などとも言われていました。

そんな津山商店街に私が初めて足を踏み入れたのは、1985年の秋でした。
昼でも太陽の光が差し込まず
薄暗くて汚水まみれでかつ臭気が充満した通路をおっかなびっくり歩いて来ました。

津山商店街は香港の中国返還を前に93年に保護され
跡地はいまでもその異彩を放っている

 

次へ