チャングンソク情報サイト

「美男ですね」というドラマ凄くよかったですね

日本でチャン・グンソクが脚光を浴びる要因となったのは「美男ですね」というドラマです。
たくさんの女性から支持を集めていますが、チャン・グンソクが子役だったことを把握しているでしょうか。

 

現在、ドラマや映画に大活躍の彼は、第二の演技人生が始まったと考えられています。
そう表現されるほど長い芸歴を持ちますが、難しいと言われる子役からの脱出は無縁だったようです。

 

韓国と日本の両方で好評を博した「美男ですね」以前に、韓国で熱い支持を受けたのは「ファン・ジニ」におけるキム・ウノの役でした。
2007年の作品であり、弱々しい両班の子供という役でしたが、はかなげな演技が光りドラマの序盤に色を添えました。

 

現在のやんちゃなイメージとは打って変わって、チャン・グンソクの良い面が見られる作品です。
2008年には、休むことなく2つのヒット作に出演しました。
その「ベートーベン・ウイルス」や「快刀 洪吉童(ホン・ギルドン)」の中で、今までのドラマで演じたものとは違うキャラクターでした。

 

「ベートーベン・ウイルス」では天才トランペット奏者の役を、「快刀 洪吉童」では復讐心のある先王の嫡子イ・チャンフィ役を務めています。
「美男ですね」より前の作品ではやんちゃなイメージはなく、自分の気持ちを隠しているような物静かな青年が中心でした。
しかし、「美男ですね」のファン・テギョンでは、完璧なイケメンからはうかがいさせないほどの突飛な性格に問題を持つ性格の青年の演技をしました。
ナーバスな性格に強いアレルギー体質、ヒステリックでナルシストで上から目線の天才ピアノ奏者であり、高いレベルの作曲能力を持つバンドのボーカルです。
それが、チャン・グンソクにバッチリとはまり、劇的な人気者となりました。

子役の頃が凄かったチャン・グンソク

子役の頃のチャン・グンソクをご存知の人は、かなりの韓国通と言って良いでしょう。
子役として成功してそのまま活躍し続けるのは困難という大半の見方は、彼には影響しなかったようです。

 

子役時代から活躍していたチャン・グンソクは、若手俳優の登竜門である「ノンストップ4」の出演によってさらに人気を得ました。
「ノンストップ4」はメジャーな俳優であるヒョンビンのデビュー作品であり、チャン・グンソクの役はプレイボーイな医学生です。

 

ノンストップの中で頻繁に「マジ、あり得ないよ」と口にしたため、日本のファンが抱くやんちゃな彼のイメージにマッチした役です。
「ノンストップ4」は、青春シットコムの中でも248話と長編であり、チャン・グンソクやヒョンビンだけでなく現在大活躍の俳優が多く出ています。
大学の音楽サークルで活動を展開するノンストップバンドにおいて、個性的なメンバーによって様々な笑える出来事が巻き起こります。
シットコムというのはスタジオでの撮影ですので、観客の直接的な反応を受け止めることができます。

 

子役から実績をあげてきたチャン・グンソクは、ごく自然に面白い役を演じています。
その一方、コメディーだというのにヒョンビンは、デビュー作のプレッシャーのためか演技が硬く見えます。
「ノンストップ4」にはその他にも多くの俳優が出演していますが、今も大活躍する人ばかりです。

 

具体的にはアンディ、イ・ユンジ、イ・ヨンウン、MCモン、オ・スンウン、ハン・イェスルなど、かなり若い頃の初々しい姿が見られます。
この「ノンストップ4」が発端となりチャン・グンソクは、自分のラジオ番組を持つようになりました。